着物買取の流儀


着る機会のない和服は着物買取サービスへ

現代では趣味や日本古来のお稽古をしていない限り、着物を着用する機会はほとんどありません。また、おじいさんやおばあさんの遺品整理をしていて、着物が多く出てきて保管しきれないこともあります。ひどい汚れやシミ、生地の傷みや破れがなければ、着物買取サービスを利用して、買取りしてもらえる可能性が高くなります。古着の買取店では査定ができないことから、引取を拒否されることもありますので、専門の着物買取業者を利用するようにしましょう。証紙があったり、有名な作家の作品であれば高額買取が可能となることもありますし、ウールや化学繊維の着物よりも正絹の方が査定額が高めになる場合があります。持ち込みでも買取可能ですが、最寄りに専門店がないことが多く、業者に無料の梱包キットを送ってもらうように依頼し、業者に送付をして査定してもらい、納得がいけば買取手続きに入るシステムの業者が多いです。一部の業者では出張買取にも対応できることがあります。自宅から着物の移送をせずに、その場で査定をしてもらうことができますので、着物を傷めることなく、たたんで箱詰めをする必要がありません。

着物買取を探すなら | アールナインなら着物高価買取
ただいま、すべての着物の買取価格を10%アップ中です。もちろん1点からでもOK!!